Untitled Document

 

 
  ◆ 東京本部活動
   2004年度
   2005年度
   2006年度
   2007年度
   2008年度
   2009年度
   2010年度
   2011年度
   2012年度
   2013年度
  → 2014年度
   2015年度
 
  ◆ 傘下団体活動
   21支部案内
   婦人会
   青年会
   東京韓国商工会
  体育会関東本部
 
  ◆ ハングル講座
   アカデミ荒川校
   アカデ新宿校
   荒川土曜学校
 
   ◆ 韓 国 情 報
   韓国の国慶日
   法定公休日
   公式記念日
   韓国の名節
 

   ◆ お知らせ

   韓国語案内(PDF)
 

 

Untitled Document
 

 

 

 

 

 

 

 在日学徒義勇軍戦没者の冥福を祈る「顕忠日追念式」(2005.6.6)
 
 

 6月6日午前11時、在日学徒義勇軍の冥福を祈るとともに、殉国先烈及び戦歿将兵の崇高な護国精神と偉勲を追慕する恒例の顕忠日追念式が中央会館大ホールにおいて行われた。追念式には中央本部・金宰淑団長、駐日韓国大使館・柳○鉉国防武官、東京本部・李時香団長、参戦者及び遺家族など約130名が参席した。

 追念式は6・25南北戦争で在日学徒義勇軍が参戦し、 祖国を守るため尊い命を捧げた涙なしでは見られない映像が放映された。当時6・25戦争に学徒義勇軍として参戦した人は642名で、死者・行方不明者は135名にも上った。金宰淑団長と柳ジ鉉国防武官の追念辞の後、在日学徒義勇軍同志会の権東國会長を始め、参席者は白菊に包まれた祭壇に献花し冥福を祈った。

 韓国は1948年8月政府樹立後、1950年6・25南北戦争の勃発で 40万名以上の国軍および多くの民間人が尊い命を失った。1953年の休戦成立から3年が経って安静を取り戻し、 韓国政府は1956年4月大統領令第1145号により、毎年6月6日を顕忠記念日として 制定、公休日にして追念行事を行うようにした。

 顕忠日が単純に先烈の魂を称えて、その遺家族を慰めるために守られてはいけないだろう。 国民各自が自国を守るために行わなければならない使命を新たに銘じ、韓国民全体の和合をより深める契機にしなければならない。
   
   
   
 
   
 
Untitled Document
 
Copyright Korean Residents Union in Japan Tokyo Head Office All Rights Reserved.   -Mail- info@mindan-tokyo.org
1-7-32, Minami-azabu, Minato-ku, Tokyo, Japan   TEL : 03-3454-4711 FAX : 03-3454-4715