Untitled Document

 

 
  ◆ 東京本部活動
   2004年度
   2005年度
   2006年度
   2007年度
   2008年度
   2009年度
   2010年度
   2011年度
   2012年度
   2013年度
  → 2014年度
   2015年度
 
  ◆ 傘下団体活動
   21支部案内
   婦人会
   青年会
   東京韓国商工会
  体育会関東本部
 
  ◆ ハングル講座
   アカデミ荒川校
   アカデ新宿校
   荒川土曜学校
 
   ◆ 韓 国 情 報
   韓国の国慶日
   法定公休日
   公式記念日
   韓国の名節
 

   ◆ お知らせ

   韓国語案内(PDF)
 

 

Untitled Document
 

 

 

 

 

 

 

◆ 60周年8・15光復節記念式(東京日比谷公会堂) ◆
 第60周年光復節を慶祝する中央記念式典が、59年前、民団創団の地である日比谷公会堂で、8月15日午前11時に挙行された。今年は乙巳条約から100年、韓日国交正常化40周年という歴史的な節目の年である。祖国のため尊い命をも捧げられた先烈たちの志を再び肝に銘じ、分断された祖国の統一と世界の平和を祈願する。
  「祖国の平和統一を祈願する」、民団中央本部主催、東京本部主管で第60周年光復節記念式典が日比谷公会堂において挙行された。韓日国交正常化40周年を記念し、今年は韓日友情年として両国は制定し、さまざまの分野からの交流が進められている中、年初から独島をめぐる領土問題や「つくる会」の歪曲歴史教科書問題などで、両国間の溝は深まりつつある。
 60年。人に例えるならば還暦を迎えることになる。また、国の主権を強奪された「乙巳条約」からは一世紀が経とうとする。日帝の束縛から解放され、光復の喜びも束の間、韓国は南北に分断され、未だ銃を向き合う対峙状態が続いている。韓国政府は北韓の経済発展のため、いろんな面での支援活動を行い、統一に向かって着実に一歩一歩踏み出している。
 ということで、今年の光復節は特に意義深い。午前11時からの記念式典には、民団中央本部、東京本部幹部はもとより、日本の各政党の代表や日韓親善協会の代表が参席。また、韓国政府を代表し盧武鉉大統領の慶祝辞を羅鍾一大使が代読。記念式典の後、午後からは光復60周年記念特集KBSノレジャラン(のど自慢)が行われた。
 日本の全国から応募が殺到し、8月7日142組の予選が行われ、22組の本選出場者が選ばれた。KBSのノレジャラン番組は、韓国でも国民的な人気番組として愛されている貫禄のあるプログラムで、司会には定番の宋海氏をはじめ、高ミンジョン氏がつとめ、ゲストには韓国のTOP歌手7人が出演した。
   
   
60周年光復節記念特集日本ノレジャラン出演者
   
 司会の宋海氏と高ミンジョンさん  場内をうめつくした観客
「바다가육지라면」を歌った北支部の卓保子さん 「어머나」を歌った留学生の金延娥さん
「나에겐 당신밖에」を歌った文京支部の沈光子さん 「신토불이」を歌った森崎和夫氏
「사랑은 나비인가 봐」を歌った江東支部の金喆俊氏 「서울의 찬가」を歌った豊島支部の金日権氏
「남자는 여자를 정말로 귀찮게 하네」を歌った朴好美さん  아파트」を歌った西川行夫氏
「사랑의 미로」を歌った白眞勲氏(参議院議員) 「소곤소곤」を歌った朴麗麗さん(中国出身)
「휠릴리」を歌った李ミカエさん。最年少出場者 「노들강변」を歌った李京任さん
「가슴아프게」を歌った安善心さん 「춘자야」を歌った小池克紀氏(東京のソルウンド)
「빗물」を歌った宋英淑さん

「한오백년」を歌った中村収氏

「남행열차」を歌った宮原照夫氏と家族 「한많은 대동강」を歌った蔡清吉氏(渋谷支部)
「그대 그리고 나」を歌った李基益氏 「패스티발」を歌った李貞榮さん
「당돌한 여자」を歌った韓永蘭さん(留学生)。最優秀賞受賞 「화장을 고치고」を歌った井上恵子さん
 
 
 
Untitled Document
 
Copyright Korean Residents Union in Japan Tokyo Head Office All Rights Reserved.   -Mail- info@mindan-tokyo.org
1-7-32, Minami-azabu, Minato-ku, Tokyo, Japan   TEL : 03-3454-4711 FAX : 03-3454-4715