Untitled Document

 

 
  ◆ 東京本部活動
   2004年度
   2005年度
   2006年度
   2007年度
   2008年度
   2009年度
   2010年度
   2011年度
   2012年度
   2013年度
  → 2014年度
   2015年度
 
  ◆ 傘下団体活動
   21支部案内
   婦人会
   青年会
   東京韓国商工会
  体育会関東本部
 
  ◆ ハングル講座
   アカデミ荒川校
   アカデ新宿校
   荒川土曜学校
 
   ◆ 韓 国 情 報
   韓国の国慶日
   法定公休日
   公式記念日
   韓国の名節
 

   ◆ お知らせ

   韓国語案内(PDF)
 

 

Untitled Document
 

 

 

 

 

 

 

  東京韓国商工会議所・第45期定期総会(2006.6.14)
 
 

 東京韓国商工会議所(崔益雄会長)は6月14日、あすか信用組合本店7階会議室において定員131名中113人(うち、委任状32)が出席し、第45期定期総会を開いた。
 総会に先立って、元横綱の大鵬幸喜氏を講師に招き、「裸で学んだ人生観」について講演会を行った。大鵬元横綱は「土俵は私の人生であり、失敗も成功もここで学んだ。相撲は努力する者が生き残る世界だけに、相手に勝つためには自分に勝てるよう毎日努力することが大事だ」と語った。
 講演会に続いて、総会が行われ、昨年度の決算報告の後、今年度の事業計画として、「業種別専門部会の充実化」「会報発行」「会館建設事業の推進」などが承認された。
  役員改選では、新会長に呉賛益氏(前常任理事、㈱美浜社長)を選出した。呉新会長は「東京韓国商工会議所は財政基盤の確立が最も大事であり、その為の会館取得を成就させたい。株式会社を設立し、私募債を発行、在日商工人に出資してもらい7億から10億円ぐらいの物件を購入したい。既に私が3000万円、金正憲氏が2000万円を口座に振り込んだ。会館購入は目的ではなく手段であり、基盤を確立した上で多角的に商工活動を支援したい」と述べた。
 また、今期の会長になった呉賛益会長は、7月1日に済州国際コンベンションセンターで開かれた在外済州道民会総連合会臨時総会で第7代会長に選出された。在外同胞が会長に選出されたのは今回が初めてだという。

 
   
   
 
   
 
Untitled Document
 
Copyright Korean Residents Union in Japan Tokyo Head Office All Rights Reserved.   -Mail- info@mindan-tokyo.org
1-7-32, Minami-azabu, Minato-ku, Tokyo, Japan   TEL : 03-3454-4711 FAX : 03-3454-4715