Untitled Document

 

 
  ◆ 東京本部活動
   2004年度
   2005年度
   2006年度
   2007年度
   2008年度
   2009年度
   2010年度
   2011年度
   2012年度
   2013年度
  → 2014年度
   2015年度
 
  ◆ 傘下団体活動
   21支部案内
   婦人会
   青年会
   東京韓国商工会
  体育会関東本部
 
  ◆ ハングル講座
   アカデミ荒川校
   アカデ新宿校
   荒川土曜学校
 
   ◆ 韓 国 情 報
   韓国の国慶日
   法定公休日
   公式記念日
   韓国の名節
 

   ◆ お知らせ

   韓国語案内(PDF)
 

 

Untitled Document
 

 

 

 

 

 

 

 
◆北朝鮮の核武器廃絶を求めるデモ行進 (2009.5.31)
 
 

東アジア・世界の平和を強くアピール

   5月31日、銀座ブロッサムにおいて、永住外国人に地方参政権の付与を求める集会が行われた。会場に集結した参加者の多くは永住在日同胞を中心に永住外国人及び一般市民、また、超党派の国会議員らなど1000名にのぼった。

   この「参政権促求集会」の終了後、民団中央本部の鄭進団長より「北韓の一連の暴挙は東アジアの平和及び安定とわが民族の宿願である祖国平和統一を根底から破壊するだけではなく、在日同胞を含め全民族の生存を脅かす行為である。海外国民・同胞として断じて許せない」と緊急アピールした。

決議文の採択のあと、青年会メンバーによる「北韓は核実験をやめ、核兵器を放棄せよ」「北韓は韓国に対する戦争挑発行為を即刻やめろ」などのシュプレヒコールが行われた。

集会の参加者たちは4台の宣伝カーを先頭にデモ行進を行った。デモ隊は、銀座ブロッサムから京橋、東京駅八重洲中央口前、呉服橋を経由し常盤橋公園まで約1・7キロを「北の核実験断固糾弾!」「北の核廃絶へ韓日連携を!」などの標語がハングルで書かれた横幕やプラカードを突き上げ、拡声器の先唱に合わせ、シュプレヒコールを繰り返した。

街の所々にはデモ進行を妨害しようとする悪質な右翼関係者たちの街宣車から流れる妨害の音楽や言葉にコース周辺は騒然とした雰囲気につつまれたが、1時間20分にわたるデモ行進は、祖国の安定と東アジアの平和を願う強い志で、力強く整然と行進を展開した。


   
 
   
 
   
   
 
Untitled Document
 
Copyright Korean Residents Union in Japan Tokyo Head Office All Rights Reserved.   -Mail- info@mindan-tokyo.org
1-7-32, Minami-azabu, Minato-ku, Tokyo, Japan   TEL : 03-3454-4711 FAX : 03-3454-4715