Untitled Document

 

 
  ◆ 東京本部活動
   2004年度
   2005年度
   2006年度
   2007年度
   2008年度
   2009年度
   2010年度
   2011年度
   2012年度
   2013年度
  → 2014年度
   2015年度
 
  ◆ 傘下団体活動
   21支部案内
   婦人会
   青年会
   東京韓国商工会
  体育会関東本部
 
  ◆ ハングル講座
   アカデミ荒川校
   アカデ新宿校
   荒川土曜学校
 
   ◆ 韓 国 情 報
   韓国の国慶日
   法定公休日
   公式記念日
   韓国の名節
 

   ◆ お知らせ

   韓国語案内(PDF)
 

 

Untitled Document
 

 

 

 

 

 

 

 

第3回支部ブロック協議会各地で行われる 

  
 
 

 民団東京本部(金龍濤団長)の第48期執行部がスタートし1年。民団組織の活動において、次のステップを踏み出すための方向性や諸般事業の明確性を探るため、実施している支部ブロック協議会も今回で3回目だ。
 第3回となる支部ブロック協議会は、11月11日に第1ブロックが江戸川支部において、本部・支部役員26名が参席し開かれた。
 第1ブロック協議会では①過渡期における民団運営の在り方②ブロック合同のブライダルパーティーの開催について③支部の自立財政の確立に関して等において協議が行われた。
 第2ブロックは11月20日に大田支部において、本部及び支部役員34名が参加し開かれた。第2ブロックでは「8・15光復節記念行事の総括」「支部自立財政の確立に関して」「親の婚活について」などが協議された。
 第3ブロックは11月17日、練馬支部において、本部・支部役員26名が参加。①支部自立財政確立に関して②婚活の開催についてなどをテーマに協議された。
各支部の共通の意見は団費収入の減少や次世代の人材育成の問題などが大きなテーマとして出された。また、民団と商工組合や生協との連帯性の問題なども提示された。

   
 
   
 
 人材の育成問題については同胞社会の民族教育環境が、不足していることが原因の一つであるとの指摘もあり、在日同胞社会の新世代と言われているニューカマの取り込みや、韓国語を解らない若世代を取り入れるため民団での使用言語を日本語ではどうかという案も出ている。また、ブライダルパーティーの開催については、婦人会や青年会と協力し、各地での開催する案とか、インターネットを活用する案とかが出された。
 ブロック協議会に参席した金保雄副団長は「1年間行われたブロック協議会から出された意見を収斂して、新年度の活動方針に組み込んでいきたい。各支部の皆さんの声は民団の将来を作る肥料の役割になると思います」とブロック協議会の重要性を語っていた。
   
   
   
 
   
 
 
Untitled Document
 
Copyright Korean Residents Union in Japan Tokyo Head Office All Rights Reserved.   -Mail- info@mindan-tokyo.org
1-7-32, Minami-azabu, Minato-ku, Tokyo, Japan   TEL : 03-3454-4711 FAX : 03-3454-4715