Untitled Document

 
韓国の名節

 

韓国の国慶日

三一節(3月1日)
制憲節(7月17日)
光復節(8月15日)
開天節(10月3日)
 
韓国の法定公休日
お正月
植木日(4月5日)
釈迦誕辰日(陰4月8日)
オリニの日(5月5日)
顕忠日(6月6日)
聖誕節(12月25日)
  
韓国の公式記念日
● 3月
● 4月
● 5月
● 6月
● 9月
● 10月
● 11月
● 12月
 

お知らせ

  鳥インフルエンザ
  韓国語案内(PDF)
 

◆ ハングルの日(한글날) ◆

Untitled Document
 

 

 

 

 

 

 

 

世宗大王のハングル頒布を記念し、ハングルの研究及び普及を奨励するため定めた日。109日。1926114日(旧暦929日)当時、民族主義国語学者たちの団体である朝鮮語研究会が主体となって、世宗大王の訓民正音頒布480週年を迎える記念式を行い、この日を第1回「ガギャナル:가갸날」と定めた。《世宗実録》によると、1446年(世宗28)旧暦9月、訓民正音が頒布されたと記録されていて、当時旧暦929日をハングルが頒布された日と推定し「ガギャナル」と定め、新民社と共同主催でハングル頒布8還暦(八回甲:480年)を記念した。
  翌年の1927年に朝鮮語研究会機関紙 《ハングル》が創刊されてから、この日を「ハングルの日」と改称し、旧暦で記念してきたが、1932年に陽暦1029日に記念行事を行った。その後、34年に正確な陽暦換算法を適用し1028日に訂正。407月に訓民正音解例本が発見されて、鄭麟趾の序文に頒布した日が9月上澣であると記してあり、上旬の最後の日である旧暦910日を陽暦に換算し、109日をハングルの日として定めた。
  1970615日、大統領令で「官公署の公休日に関する規定」を制定・公布して公休日としたが、1990年法廷公休日から除外し記念日に変えた。ハングルの日の前後週間には政府・学校・民間団体などで、世宗大王の高い志と業績を称えて、ハングルの制定を慶祝する各種記念行事が行われる。
 
◆ 訓民正音(훈민정음) ◆

 韓国固有文字、1443年(世宗25年)に創製され、1446年に頒布された文字訓民正音の現代的名称だ。〈民を教える正しい音〉という意味の訓民正音は、諺文、諺書、反切、アムクル(암클)、アヘッグル(아햇글)、ガギャグル(가갸글)、国書、国文、朝鮮グルなどと呼ばれた。特に諺文は、「サンマル(悪言葉)を書く口汚い文字」という意味で、漢字・漢文に対しハングルを見くびって使う俗称でよく使われた。その後、近代化過程で民族意識覚醒と共に国文と呼ばれることもあったが、「ハングル」に統一された。ハングルという名前は周時経によって作られ、1913年から使われた。27年ハングル社で発行した「ハングル」雑誌により広く知られるようになった。ハングルと言う言葉の意味は、「韓の国のグル(文字)」、「クングル(大きい字)」、「世の中で一番のグル(文字)」という意味で、世宗大王が「正音」としたその精神と通じる面がある。
  訓民正音は中国音韻学知識を基にして中世国語をまず音節単位で把握し、またこれを初声(初音:첫소리、子音)、中声(가운뎃소리、母音)、終声(끝소리、子音)の3単位に分析しこれらを基準にして作られた。
  訓民正音創製当時には音声言語で、国語を使いながらも文字言語は両班層の漢文と衆人層のイド(吏読:이두)に分けられた二元体製だった。このような状況の中で、国語を発音どおり表記する訓民正音が新しい文字としてつくられ、文字生活に「民」の言葉としていわゆる諺文が、もう一つ加えられたのだ。「訓民正音」は、はじめから「民」のための文字でもあって学びやすかったこともあり、主に女性と一般民を中心に普及された。特に仏教の仏経諺解、士大夫の歌詞と詩調、漢書の註解及び飜訳、伝教と手紙などがその普及に大きく寄与した。
  一方、朝鮮後期に起きた実学運動は「正音文学」の隆盛とともに、正音研究を近世的文字音韻学で復興させるきっかけとなった。実学派の著書として正音に関する論述が無くてはならない位に拡散したし、その業績は語彙集だけではなく、方言と諺の収集及び語源探求など多くの方面にわたって使われた。洪命福の「方言集釈」、李義鳳の「古今釈林」などは、東洋語辞典である同時に基礎語彙集として価値があり、柳僖の「物名考」の注釈には、1600余りの稀なウリマル(ハングル)語彙記録が伝えられている。甲午改革の推進された189411月、勅令第1号公文書式を公布して、従来の漢文代わりに国文を使うようにすることで、「訓民正音」が作られてから450年ぶりに諺文が公式的な国字の資格を得るようになった。
  ハングルは独創性と記号配合の効率性の面からみて、世界一合理的な文字という評価を受ける。それは母音と子音の区別が容易で、28個の子母が垂直・水平の組合い正四角形を成しながら、秩序整然に配列された点をあげられる。特に子音が脣、口及び舌の位置を正しく矯正してくれるという点で、科学的面からでもハングルは評価される。

Untitled Document
 
Copyright Korean Residents Union in Japan Tokyo Head Office All Rights Reserved.   -Mail- info@mindan-tokyo.org
1-7-32, Minami-azabu, Minato-ku, Tokyo, Japan   TEL : 03-3454-4711 FAX : 03-3454-4715