Untitled Document

 
韓国の名節

 

韓国の国慶日

三一節(3月1日)
制憲節(7月17日)
光復節(8月15日)
開天節(10月3日)
 
韓国の法定公休日
お正月
植木日(4月5日)
釈迦誕辰日(陰4月8日)
オリニの日(5月5日)
顕忠日(6月6日)
聖誕節(12月25日)
  
韓国の公式記念日
● 3月
● 4月
● 5月
● 6月
● 9月
● 10月
● 11月
● 12月
 

お知らせ

  鳥インフルエンザ
  韓国語案内(PDF)
 

◆ 3月の記念日 ◆

Untitled Document
 

租税の日(3月3日)
 

 国民の4代義務の一つでもある納税の義務の重要性を認識させ、納税精神の啓蒙・意識の高揚にその意義がある。
 69年7月3日に国税庁発足日である3月3日を「税金の日」に指定。71年8月7日に 関税庁発足日である8月27日を「関税の日」に指定。73年3月30日に、これらを統合し「納税の日」と定めた(各種記念などに関する規定)。

 
商工の日(3月3週目の水曜日)
 

 経済成長のため、商工人の役割の強調及び商工業の振興を促進するとともに、在外商工人の愛国心の高趣と国内商工人の紐帯強化を図る
 64年5月12日第1回「商工の日」行事を行った。その後72年に10月31日に変更。73年3月30日に、「電気の日(4月10日)」・「発明の日(5月19日)」・「計量の日(10月26日)」を、「商工の日(10月31日)」に統合。84年9月22日に3月3週目の水曜日に変更。

 
水の日(3月22日)
 

 水の日は、1992年第4次国連総会で指定・宣布され、1993年から施行するようになった。韓国では1995年から行事を実施している。国連で水の日を定めたのは、地球の水不足が深刻化しみんなが一緒に対処していかなければならない必要性があったからだ。
 現在、韓国の水資源の特性をみると、以前は「錦繍江山」と言われるほど、どこの水でも沸かさないで飲める水が、今は急速な近代化により水質の汚染でそうも行かなくなった。また、一人当たり年間の降水量は世界平均の9分の1のに対し、水の消費は世界一である。地球環境問題も含め、節水運動を強化し次世代のためにも「きれいな水」・「美しい錦繍江山」を取り戻さなければならない。

 
 
気象の日(3月23日)
   「気象の日」は1950年3月26日、国連の傘下機構である世界気象機構(WMO)が発足したのを記念するための日で、1960年6月に開かれた世界気象機構第12次執行委員会の決議により制定された。韓国は1961年2月24日に正式に加入した。この日は、全世界の気象人たちの協力と発展を図ることと、自然を最大限に利用し、その被害を減らすため全世界の国が互いに気象情報を交換するなど、気象研究に多くの努力を注いでいる。
Untitled Document
 
Copyright Korean Residents Union in Japan Tokyo Head Office All Rights Reserved.   -Mail- info@mindan-tokyo.org
1-7-32, Minami-azabu, Minato-ku, Tokyo, Japan   TEL : 03-3454-4711 FAX : 03-3454-4715