Untitled Document

 
韓国の名節

 

韓国の国慶日

三一節(3月1日)
制憲節(7月17日)
光復節(8月15日)
開天節(10月3日)
 
韓国の法定公休日
お正月
植木日(4月5日)
釈迦誕辰日(陰4月8日)
オリニの日(5月5日)
顕忠日(6月6日)
聖誕節(12月25日)
  
韓国の公式記念日
● 3月
● 4月
● 5月
● 6月
● 9月
● 10月
● 11月
● 12月
 

お知らせ

  鳥インフルエンザ
  韓国語案内(PDF)
 

◆ 聖誕節 ◆

Untitled Document
 

 

 

 

 

 

 

 

イエスキリストの誕生を祝うキリスト教の記念日。基督誕辰日、イエス大祝日、クリスマスなどと呼ばれる。復活節といっしょにキリスト教の一番重要な名節の一つである。イエスがいつ生まれたのかその正確な日は分からないが、現代のキリスと教では1225日をイエス誕生日として記念している。

しかし今もアルメニア教会では、16日をクリスマスにしているという。1225日を聖誕日にしたのは、西邦教会では4世紀中期で、東那教会では5世紀末期と推定されている。

この日を聖誕日に決めたわけは明確でないが、ローマで冬至に行われた祭りと緊密な関係を持持っているのではないかと見ている学者が多い。本来ローマでは、一日の日が一番短くなってから再び長くなり始める冬至を基点にして、農耕の神であるサトルン(Saturn)と太陽神であるミットラ(Mitra)を崇拝する祭りが行われた。ところが、コンスタンティヌス皇帝がキリスト教を国教化した後、ローマの教会は伝統的な祝祭日をキリストの誕生日と同一視して、多くの人々をキリスト教 に引き入れようとした。

当時ミトラ崇拝とサトルナリア(Saturnalia)が、広範囲の大衆に影響を及ぼしていた為、その風習を抑圧しないで同化させる方法を使った。太陽の再誕生に比喩し「世の光」であるイエスの誕生を広く知らせようとしたのだ。イエスが十字架にかけられた日を325日に決め、一つの狂いもない完璧なイエスからみて、受胎も325日に行われたと考えられる。この計算によると、イエスの生まれは1225日になるしかないわけた。

この日は12世紀に入って、ヨーロッパで一番重要な祭日となり、156世紀にはイエスの誕生をモデルに数多の芸術作品が登場することにより、広く大衆化されるようになった。しかし、宗教改革が起きた後清教徒及びカルバン教徒たちに異教徒の風習だと排斥され、またクロムウェル治下のイギリスでは、この日祭儀行うことすら法で禁止し、家で休むことさえ禁止された。このような伝統がアメリカのニューイングランド地方にも影響を及ぼし、1856年以前までは法廷公休日として認められなかった。でも、贈り物を交わすことは続けられ、19世紀に入ってはクリスマスツリーを飾ることやクリスマスカードを送ることが定着しはじめた。この時期アメリカなどでザンタクロース(Santa Claus)が贈り物を送ってくれる人の象徴となったのである。

   
 
◆ クリスマスツリー ◆

クリスマスツリーの起源は、原始時代の樹木崇拝と連結させることができるが、近くは中世ドイツの神秘主義演劇に基づいているといえる。ここではエデンの園を象徴化する「楽園の木」が登場する。演劇が弾圧を受けるようになってからは家の中に持ちこんでキャンディーや果物、蝋燭などで飾るようになった。19世紀初期、ドイツから北ヨーロッパh諸国に伝えられ、1841年にはビクトリア女王の夫であるアルバート公によりイギリスに紹介された。

アメリカでは19世紀初期、ペンシルバニア地方に移住したドイツ係定着民たちにより伝えられ、直ちにアメリカ全域に広がって行った。火を灯したクリスマスツリーを公共場所に飾るようになったのも、アメリカからである。韓国には19世紀末期から20世紀初期にわたって、アメリカの改新教宣教師たちにより、クリスマスツリーを立てる風習が伝えられた。しかし、イタリア、スペイン、ラテンアメリカ地域などでは、あまり見られない。伝統的なクリスマスの色は緑と赤で、寒い冬を克服した生命力、またはイエスの永遠なる生命は緑で、そして赤は、イエスが十字架にかけられて流した血を表している。
   
   
  
Untitled Document
 
Copyright Korean Residents Union in Japan Tokyo Head Office All Rights Reserved.   -Mail- info@mindan-tokyo.org
1-7-32, Minami-azabu, Minato-ku, Tokyo, Japan   TEL : 03-3454-4711 FAX : 03-3454-4715